安田記念

このページでは、安田記念について紹介しています。

安田記念について

競馬の父の功績を称えて創設されたレース

安田記念は、日本中央競馬会(JRA)主催のG1レースです。毎年6月の第1~2日曜日に東京競馬場で開催されます。後に日本中央競馬会の初代理事長を務める安田伊左衛門の功績を称えて、1951年(昭和26年)に創設されました。当初は「安田賞」でしたが、1958年に安田伊左衛門が亡くなってからは、現在の名称に改められています。正式には「農林水産省賞 安田記念」です。

安田伊左衛門は日本中央競馬会が設立される前から、東京競馬倶楽部や日本競馬会の理事長を歴任し、日本ダービー(東京優駿)の創設者でもあります。馬券を合法化した「旧競馬法」の制定にも尽力しました。東京競馬場のパドックの近くには安田伊左衛門の胸像があり、今も安田記念の日には、花が飾られます。

最強のマイラーを見極めるのは難しい

レースは1,600mの芝コースで行われ、その距離がほぼ1マイル(≒1609m)に近いため、「マイル戦」とも呼ばれています。出走できるのは3歳以上のサラブレット系で、牡馬・牝馬だけでなく、「せん馬(去勢された牡馬)」も対象になります。1着の賞金額は1億3千万円です。

最大18頭まで出走可能で、まず外国馬とJRAサラブレットランキングのレーティング上位5頭に優先出走権が与えられます。同じマイル戦のマイラーズカップや京王杯スプリングカップで優勝しても優先出走権を獲得できます。地方競馬所属であれば、谷川岳ステークスなど、もっと多くのレースで出走のチャンスがあります。

レースは、スタートから下り坂が連続するので、いつの間にか全速力になって、体力を消耗しやすくなります。最後の上り坂から始まる直線まで体力が続いて、一気に差せる馬が有利です。そのため、海外のマイル戦で実績がある馬が盤石なこと以外は、予想が難しいレースです。

短距離でありながらスタミナが求められる

マイル戦ではありますが、実際には2,000m以上のレースでも勝てるくらいのスタミナが求められます。例えば、牝馬でありながら2008年・2009年と連覇したウォッカは、長距離のジャパンカップや有馬記念でも優勝しています。また、ディープインパクトなど、同じく長距離に強かった馬の産駒が強いという傾向もあります。

2005年から2011年までは、「アジアマイルチャレンジ」の1戦に組み込まれたこともあり、香港やUAEなど、アジアのマイル戦の強豪が多数出走しました。特に2007年は4頭が出走しましたが、レースを制したのはJRA所属のダイワメジャーであり、やはり2,000m以上の皐月賞や秋の天皇賞を優勝した実績がありました。

注目!

勝ってる人は知っている

優良競馬予想サイト厳選集
生き馬の目を抜く競馬予想サイトの世界
中でも予想者の質と的中率が高いサイトを厳選
まずはこの3サイトをチェックしてみては!?