皐月賞

このページでは、皐月賞について紹介しています。

皐月賞について

3歳牡馬の登竜門となるレース

皐月賞は、日本中央競馬会(JRA)主催のG1レースです。1939年(昭和14年)に創設されました。かつては名前のとおり5月に行われていましたが、近年では4月の第3日曜日に行われるのが通例となっています。最初は「横浜農林省賞典四歳呼馬」という名称であり、横浜競馬場で行われていました。

3歳馬のクラシックレースとしては、前週に行われる桜花賞に続く2戦目に当たります。桜花賞と違って牡馬・牝馬とも出場できますが、過去の実績を見ると、1949年以降はすべて牡馬がレースを制しています。体力差もありますが、多くの牝馬が直前の桜花賞を重視していることも決して無関係ではありません。

最大18頭まで出走可能で、まず出馬投票した外国馬(最大9頭まで)が優先されます。次にトライアルレースとなる弥生賞・スプレイングステークス(共に上位3頭)、若葉ステークス(上位2頭)の入賞馬8頭が出走できます。残りの枠は、総収得金額の順番に埋まります(同額である場合は抽選)。1着の賞金は1億円です。

経験とスタミナの有無が勝敗を左右する

レースの舞台となるのは中山競馬場で、2,000mの芝コースを走ります。直線が短く、1コーナーを回った後の下り坂から早めに仕掛けられて、最後まで勢いが衰えない底力のある馬が強いと言われています。枠順の違いによる差は、それほどありませんが、芝が荒れやすい内側よりも、中央から外側が比較的走りやすいようです。

桜花賞と同様、それまでの出馬回数が大きく影響します。少なすぎると能力を発揮できなかったり、馬場の違いに対応できなかったりします。逆に多すぎても蓄積した疲れのせいで最後までスタミナが続きません。近年の優勝馬は4~7回に集中しています。前もってペース配分が似ている1,800mのレースを経験していると有利です。

レース後に大活躍する優勝馬が多い

3歳の牡馬にとっては、人気馬になるための登竜門です。ハイセイコーのように皐月賞がきっかけで爆発的なブームになった馬もいます。他の優勝馬を見てもシンボリルドルフやナリタブライアン、オルフェーブルなど、知名度・実績ともに申し分ない馬が名を連ねています。それまでの期待が花開いたり、逆に彗星のごとく現れたりして、ファンに鮮烈な印象を与えることが多いようです。

皐月賞は繁殖馬としての優秀さを見極めるレースであり、実際に種馬としても優れた産駒を生み出しています。2016年と2017年は、2年続けて2005年の覇者であるディープインパクトの産駒が優勝馬となり話題を呼びました。

注目!

勝ってる人は知っている

優良競馬予想サイト厳選集
生き馬の目を抜く競馬予想サイトの世界
中でも予想者の質と的中率が高いサイトを厳選
まずはこの3サイトをチェックしてみては!?