HOME » 競馬予想において要チェック!レース情報を紹介 » マイルチャンピオンシップ

マイルチャンピオンシップ

このページでは、マイルチャンピオンシップについて紹介しています。

マイルチャンピオンシップについて

秋のマイル王者決定戦

マイルチャンピオンシップは中央競馬の秋のGⅠレースのうちの1つです。毎年11月に京都競馬場で開催されます。その名の通り、距離が1マイル(1600メートル)で、短距離を得意とする馬が多く出馬するレースです。1600メートルのレースとしては、同じGⅠレースである安田記念と双璧をなします。安田記念が春のマイル王者決定戦なら、マイルチャンピオンシップは秋のマイル王者決定戦というわけです。短距離向きの有力古馬なら、スプリンターズズテークスの後にマイルチャンピオンシップに出馬するのが王道でしょう。1600メートルという距離は短距離向きの馬だけでなく、中距離向きの馬でも十分対応できる距離です。そのため、秋の天皇賞に出た馬の次走にマイルチャンピオンシップを選ぶこともあります。

国内調教馬だけでなく、外国調教馬も9頭まで出馬可能です。国内レースとしてだけでなく、国際GⅠとして格付けされています。タイキシャトルなど、マイルチャンピオンシップの覇者が後に海外のGⅠレースを制する例もあり、海外の競馬ファンからも注目されているレースです。 また、国内調教馬の場合には、GⅢの富士ステークスとGⅡのスワンステークスのどちらかで1着になれば、優先出走権が付与されます。

短距離向きの3歳馬も出走

マイルチャンピオンシップは古馬中心のレースですが、3歳馬も出馬できるようになっています。有力な3歳馬は牡馬なら菊花賞、牝馬なら秋華賞に出馬することが多いですが、短距離向きなら3歳馬でも古馬に混じってマイルチャンピオンシップを目指すことが多いです。牝馬の場合は、秋華賞の次走にマイルチャンピオンシップを選ぶケースもよく見られます。

また、菊花賞への出馬条件が厳しい外国産の3歳牡馬もマイルチャンピオンシップに照準を絞って来ることが多いです。タイキシャトルやアグネスデジタルなどは3歳でマイルチャンピオンシップを制しています。古馬でも、外国産馬だと天皇賞に出る条件が厳しいため、マイルチャンピオンシップを目指すケースがよくあります。

2連覇を達成した例が多い

過去にマイルチャンピオンシップを制した馬を見てみると、タイキシャトルやダイワメジャー、デュランダルなど2連覇を達成した馬が目立ちます。他のGⅠレースでは、同じ馬が2連覇するケースは珍しく、マイルチャンピオンシップの大きな特徴と言えるでしょう。タイキシャトルのように短距離路線で非常に強い馬が2連覇するケースもあれば、デュランダルのように1回目に惨敗して2回目と3回目で連覇するケースもあり、面白いレースです。

注目!

勝ってる人は知っている

優良競馬予想サイト厳選集
生き馬の目を抜く競馬予想サイトの世界
中でも予想者の質と的中率が高いサイトを厳選
まずはこの3サイトをチェックしてみては!?