フェブラリーステークス

このページでは、フェブラリーステークスについて紹介しています。

フェブラリーステークスについて

上半期のダート王者決定戦

フェブラリーステークスは、東京競馬場のダート1600メートルコースで行われる中央競馬のGⅠレースです。レース名通り2月に開催されます。1年のうちでもっとも早い時期に開催されるGⅠレースでもあります。中央競馬のGⅠレースはフェブラリーステークスの他には、秋に行われるチャンピオズカップのみです。そのため、フェブラリーステークスが上半期のダート王者決定戦として位置づけられています。

現在においては毎年ダートレースの有力馬が多数揃いますが、設立された当時はGⅢのハンデ戦でした。フェブラリーハンデキャップという名称で設置され、GⅡへの昇格に伴い現在の名称に改名されたという経緯があります。そして、GⅠレースへ昇格したのは1997年のことです。それまで、中央競馬のGⅠは全て芝のレースでした。ダートのGⅠレースは1つもなかったのです。フェブラリーステークスが初の中央競馬ダートGⅠレースになりました。

手堅い勝負になることが多い

競馬が好きな人の中には、大穴を狙う人も多いでしょう。直近のレースで戦績が振るわなかった馬が大きなレースで大復活を遂げるケースも少なくありません。そのようなときは万馬券が出ることも多いです。

しかし、レースによっては万馬券が狙いにくいこともあります。フェブラリーステークスでは、毎年1番人気の馬が好調です。2着や3着に入る馬も、人気が上位であることが多く手堅い傾向が強いと言えます。ただ、例外もあり、2014年には16番人気のコパノリッキーが勝利しています。このときの単勝オッズは272.1倍という凄い数字です。このコパノリッキーは翌年も同じフェブラリーステークスに勝利し、連覇を果たしています。

フェブラリーステークスの過去の勝ち馬を見てみると、地方競馬のGⅠレースに勝利している馬が多い傾向にあるのが分かります。GⅠ勝ちをしていない馬でも、GⅡやGⅢなどの重賞をいくつも勝っている馬がほとんどです。芝のレースと比べて知名度は低めですが、GⅠらしくハイレベルなレースだということが分かるでしょう。

ブリーダーズカップ・クラシックへのステップに

フェブラリーステークスは2016年から、ブリーダーズカップチャレンジに指定されました。フェブラリーステークスで1着になった馬は、アメリカのブリーダーズカップクラシックの優先出走権が付与されます。将来、日本のフェブラリーステークスを制した馬がアメリカに遠征し、ブリーダーズカップ・クラシックも制する日が来るかも知れません。

注目!

勝ってる人は知っている

優良競馬予想サイト厳選集
生き馬の目を抜く競馬予想サイトの世界
中でも予想者の質と的中率が高いサイトを厳選
まずはこの3サイトをチェックしてみては!?