日本ダービー

このページでは、日本ダービーについて紹介しています。

日本ダービーについて

最高の賞金額を目指して始まったレース

日本ダービーは、日本中央競馬会(JRA)主催の3歳の牡馬・牝馬によるG1レースです。毎年5月の最終日曜日か、6月の第1日曜日に開催されます。1932年(昭和7年)、同じG1レースの「安田記念」の由来となった、当時の日本中央競馬会の理事長である安田伊左衛門によって創設されました。

当初の名称は「東京優駿大競走」であり、1950年に「東京優駿」と改名されました。今でも東京優駿が正式名称です。日本ダービーは、その時に付けられた副称ですが、一般的には副称の方で親しまれています。

かつては国内最高の賞金額を誇るレースでした。開始当初の優勝賞金は1万円であり、現在のレートで約2,000万円に相当します。現在はジャパンカップと有馬記念にその座を譲りましたが、1着2億円と国内で3番目に賞金が多いレースです。

求められるのは消耗されない脚力と体力

最大18頭まで出走可能で、まず出馬投票した外国馬(最大9頭まで)が優先されます。次にトライアルレースとなる皐月賞(上位4頭)、青葉賞(上位2頭)、プリンシパルステークス(1着のみ)の入賞馬7頭が出走できます。JRAに所属していない地方競馬の所属馬でも、京都新聞杯の上位2頭に入ると優先出走権を獲得できます。

創設当初は目黒競馬場で行われていましたが、翌年に廃止されてからは東京競馬場がレースの舞台となっており、2,400mの芝コースを走ります。勝つためには複雑な要素が絡むため、運に左右されやすいと言われていますが、最終的には脚力のある馬が制する傾向があります。次いで求められるのが体力です。

例えば最初から仕掛けるのであれば、内枠からスタートした方が有利であり、そのまま先頭をキープして逃げ切るレース展開になります。逆に体力を温存して最後の直線で仕掛けるなら外側にいた方が有利で、目の前が開けると同時に最大限の脚力を発揮できる瞬発力が必要です。結果として消耗戦になるので、はっきりと能力差が出るレースになります。

レース後も強かった馬の子供が勝ちやすい

出走馬の多くが日本ダービーにピークを持ってくるため、激走の末、その後の成績が振るわなかったり、レースに参加できなくなったりする馬がたくさんいます。その中で2005年に皐月賞に続いて同レースを制したディープインパクトは、その勢いのまま菊花賞でも1着となり、史上6頭目の三冠馬になりました。

繁殖馬になってからも次々と優秀な産駒を生み出し、2016年の日本ダービーでは、上位3頭(マカヒキ・サトノダイヤモンド・ディーマジェスティ)すべてがディープインパクトの産駒です。同様に親子でこの日本ダービーを制したケースが他にも8例あります。

注目!

勝ってる人は知っている

優良競馬予想サイト厳選集
生き馬の目を抜く競馬予想サイトの世界
中でも予想者の質と的中率が高いサイトを厳選
まずはこの3サイトをチェックしてみては!?