天皇賞(秋)

このページでは、天皇賞(秋)について紹介しています。

天皇賞(秋)について

秋の中距離チャンピオン決定戦

天皇賞(秋)は10月の4週目に東京競馬場で開催されます。距離は2000メートルです。中距離のレースとしては、春の宝塚記念と並んで、チャンピオン決定戦とも言える位置づけでしょう。天皇賞の優勝馬には、盾が下賜されることから、天皇賞(秋)のことを秋の盾と呼ぶこともあります。1983年までは、春の天皇賞と同様に3200メートルの距離で行われていました。過去に天皇賞(秋)を制した馬を見てみると、中距離を得意とする馬が多いものの、長距離で活躍した馬も見られます。

中長距離路線を歩む有力古馬なら、秋のGⅠ戦線は、天皇賞(秋)から始まり、次にジャパンカップを経て有馬記念というローテーションが王道でしょう。夏の時期に休養に入る馬も多いことから、天皇賞(秋)の1つ前に毎日王冠やオールカマー、京都大賞典などに出馬するケースがよく見られます。天皇賞(秋)の前哨戦としてチェックしている競馬ファンも多いです。

運の要素も大きく左右する東京競馬場の芝2000メートル

天皇賞(秋)の舞台となる東京競馬場の芝2000メートルコースは、スタート直後にコーナーを迎える形になっています。そのため、外側の枠になってしまった馬は、最初の段階で前の方に出ていくのが難しいのが特徴です。逃げ馬や先行馬など最初から前に出て走るのが得意な馬が外枠に入ると、その能力を十分に発揮できないままレースを終えてしまうケースが少なくありません。とりわけ運の要素が大きいコースと言えます。

また、最後のコーナーの付近が上り坂になっていることや、最後の直線が長いことなども東京競馬場の芝2000メートルの特徴です。

長距離馬から短距離馬まで狙える距離

2000メートルという距離は、中距離が得意な馬だけでなく、長距離を得意とする馬も対応できることが多いです。3200メートルの天皇賞(春)の勝ち馬が、同じ年の天皇賞(秋)も制覇するという例も見られます。逆にスピードがあり、短距離を得意とする馬が天皇賞(秋)に出馬するケースも多いです。長距離馬を抑えて勝利するケースも少なくありません。長距離馬から短距離馬まで狙える距離なのです。古馬中心のレースですが、3歳馬も出馬可能で長距離に向かない場合には、菊花賞に出ず、天皇賞(秋)を選ぶこともあります。実際に3歳馬が勝利したのは、バブルガムフェローとシンボリクリスエスの2例です。

また、以前まではクラシックと同様に内国産馬しか出馬できない仕組みでした。しかし、2000年から外国産馬が、2005年からは外国調教馬が出馬可能になったことで、ますますハイレベルなレースになっています。

注目!

勝ってる人は知っている

優良競馬予想サイト厳選集
生き馬の目を抜く競馬予想サイトの世界
中でも予想者の質と的中率が高いサイトを厳選
まずはこの3サイトをチェックしてみては!?