東京競馬場

このページでは、東京競馬場の特徴を調べています。

東京競馬場の特徴

【DATA】

  • 所在地…  東京都府中市日吉町1-1
  • 開場…1933年

戦前にオープンし、80年以上の歴史を持っている東京競馬場。府中競馬場の別称もあります。都内ではややアクセスしにくいロケーションにあるものの、日本ダービーやジャパンカップなど、日本競馬最高峰のレースが開催される競馬場です。

2000年代には複数回に分けた改装が行われており、敷地内にはJRA競馬博物館も設置。レース以外にイベントも多く開催されています。

主なコース特徴

最後の直線は国内屈指の長さ。また3コーナー手前に高低差1.5mの坂、さらに4コーナーの手前から再び上り、そしてゴール手前に勾配2.1mの「ダラダラ坂」があるタフなコースを特徴としています。ダートのゴール手前の上り勾配も、高低差は2.4mあります。

  • 芝1400m
    約530mの長い直線が特徴。ただ途中に高低差2mの急坂があるため、スピード勝負一辺倒とは言えず、パワーも必要。
    【脚質別の勝率(1着の数)】差し>先行>逃げ   
  • 芝1800m
    芝1400mと特徴は同様。距離が長い分、先行が振り切るケースが多い。
    【脚質別の勝率(1着の数)】先行>差し>逃げ     
  • 芝2000m
    2コーナーまでの距離が短いので内枠は鉄板。距離が長い分、先行が振り切るケースが多い。
    【脚質別の勝率(1着の数)】差し>先行>逃げ       
  • 芝2400m
    4コーナー正面手前からのスタートとなり、急坂を2度走るタフなコース。日本ダービーやジャパンCなど、日本有数のビッグレースに採用されている。
    【脚質別の勝率(1着の数)】差し>先行>逃げ  
  • ダート1300m…
    高低差2.4mの急坂あり。直線は約500m。3コーナーにスパイラルカーブがあるため、差しが検討することも。
    【脚質別の勝率(1着の数)】先行>差し>逃げ   
  • ダート1600m…ダート1300mと特徴は同様。
    【脚質別の勝率(1着の数)】先行>差し>逃げ   
  • ダート1800m
    スタートから最初のコーナーまでが短いコース。先行・逃げの争いは熾烈を極める。
    【脚質別の勝率(1着の数)】先行>差し>逃げ   

開催レース

以下に東京競馬場で開催されるレースの代表例を紹介しましょう。

  • GI…
    フェブラリーステークス
    NHKマイルカップ
    ヴィクトリアマイル
    優駿牝馬(オークス)
    東京優駿(日本ダービー)
    安田記念
    天皇賞(秋)
    ジャパンカップ
  • GII…
    フローラステークス(オークストライアル)
    青葉賞(ダービートライアル)
    京王杯スプリングカップ
    目黒記念など
  • GIII…
    根岸ステークス
    東京新聞杯
    クイーンカップ
    共同通信杯
    ダイヤモンドステークス
    エプソムカップなど
  • J・GII…東京ハイジャンプ
  • J・GIII…東京ジャンプステークス
注目!

勝ってる人は知っている

優良競馬予想サイト厳選集
生き馬の目を抜く競馬予想サイトの世界
中でも予想者の質と的中率が高いサイトを厳選
まずはこの3サイトをチェックしてみては!?
情報が制する者が競馬を制す!データ予想で的中させるには?