中京競馬場

このページでは、中京競馬場の特徴を調べています。

中京競馬場の特徴

【DATA】

  • 所在地… 愛知県豊明市間米町敷田1225
  • 開場…1953年

戦後にオープンした中京競馬場。2010年から2年の期間をかけてコースの改装工事が行われ、現在に至っています。場内には緑の広場や遊園地なども設けられており、家族で訪れても楽しめる競馬場となっています。

主なコース特徴

中京競馬場は、芝とダート、そして障害物のコースを兼ね備えています。左回りなのが特徴。コースの高低差は3.5mあり、特に最後の直線は上り坂となっているので注意が必要。スピードだけに長けている馬では、良い成績を収められない可能性があります。

また、リニューアルされてから5年程度しか経過していないコースなので、全体的にデータが不足している点が厄介です。

  • 芝1200m
    スタートから200m程度経過すると、長い下り坂。そして4コーナー目を曲がったところで上り坂になるタフなコース。外枠の差しや追い込みの馬に有利。
    【脚質別の勝率(1着の数)】差し>先行>逃げ   
  • 芝1400m
    1200mとあまり変わらないものの、スタートからゆるやかな上り坂になっている。やはり外枠の差しや追い込みの馬に有利。
    【脚質別の勝率(1着の数)】差し>先行>逃げ   
  • 芝1600m…1400mとほとんど違いのないコース。
    【脚質別の勝率(1着の数)】差し>先行>逃げ      
  • 芝2000m
    上り坂直前からのスタートになるため、タイムのかかるレースが予想される。このためやはり、差しや追い込み馬が鉄板。大穴を狙うなら逃げ馬か。
    【脚質別の勝率(1着の数)】差し>先行>逃げ
  • ダート1200m
    起伏は芝と変わらないのだが、データ的には真逆で、内枠の逃げ・先行が優位。
    【脚質別の勝率(1着の数)】先行>逃げ>差し   
  • ダート1400m
    芝からスタート。外枠の方が芝生を走る距離が長いため、外枠の逃げ・先行が優位というデータ有。
    【脚質別の勝率(1着の数)】先行>差し>逃げ   
  • ダート1800m
    芝2000m同様、上り坂直前からのスタートになる。タフなコースだが、先行に意外と勝機あり。
    【脚質別の勝率(1着の数)】先行>逃げ>差し   

開催レース

中京競馬場では毎年1回、1・3・7・12月にレースが開催されています。1回の開催期間は25日間以上となっています。かつては地方競馬も開催されていましたが、現在は場外発売所としてのみ機能しているようです。

  • GI…
    高松宮記念
    チャンピオンズカップ
  • GII…
    東海ステークス
    金鯱賞
  • GIII…
    愛知杯
    中日新聞杯
    ファルコンステークス
注目!

勝ってる人は知っている

優良競馬予想サイト厳選集
生き馬の目を抜く競馬予想サイトの世界
中でも予想者の質と的中率が高いサイトを厳選
まずはこの3サイトをチェックしてみては!?
情報が制する者が競馬を制す!データ予想で的中させるには?